低体温と亜鉛

低体温と亜鉛

最近、低体温の子供や大人が増えています。本来、私達人間の体温の平均は36.5℃くらい
であり、これは体内の酵素が最も活性化され、働いてくれる温度です。
低体温だと、酵素の働きが低下するため、新陳代謝が悪くなり、免疫力も低下し、病気に
なりやすくなります。

体温が1℃下がると、1)免疫力低下、2)基礎代謝低下、3)体内酵素活性の低下
といわれています。

低体温になると、血行も悪くなり、免疫力も低下し、疲労やアレルギー、生活習慣病(緑
内障・糖尿病・高脂血症)などの多くの病気にかかりやすい状態になります。
また婦人科疾患(不妊や子宮内膜症、子宮筋腫など)」は低体温や冷えと関係があると
いわれています。

健康な人の基礎体温は約36.5℃で、細胞の新陳代謝が活発で、健康で、免疫力も高く、
ほとんど病気をしない状態を保つことができます。

低体温の人の体温は35℃台以下ぐらいで、この場合、新陳代謝が活発ではありません。
体温が下がり、低体温になると、基礎代謝が低下するため、脂肪を燃焼しにくくなり、
太りやすくなります。

低体温の原因は生活習慣にあると考えられます。特に、食生活の乱れが低体温の主な
原因です。私たちは、食べ物に含まれる糖質からエネルギーや熱を作り、体温を
保っています。

体内で糖質をエネルギーに変える時に必要なのが、亜鉛です。